カテゴリ:ビリケンちゃん( 632 )

お友だちってなぁに

私は友達はすくないほうだと
言いきれます(^∀^;)


マイペースにいたいほうで
無理にあわせたりとか
本当に息がつまるしで
今でも
すぐ逃れたくなるし
付かず離れずくらいが一番居心地がいいというか。
一人でぼーっとしたり
自分の世界に没頭したりとか
大好きです。


なので、
子どもがそれで楽しいなら
それでもいいんじゃないかなと
むしろ
そうやって時間を過ごせるのも
かたくなかもしれないけど
ある意味つよいんじゃないかなと
最近思えるようになりました。



これから先いろいろあったり
大変なこともふえるんだろうけど(^∀^;)


そんな私なりに
たまーにしか連絡したりしないけど
困ったときや
楽しいことがあったときに
この話ならこの人に
という人がいるなら
それが友達なんじゃないかなと。

最近になって本当に思えるようになりました。

もちろんそんな人がたくさんいるなら
それに越したことないけど(^∀^;)



この一年くらい
私自身もいろいろあったり
なんやらかんやらで、
子どもに聞かれたら
そう答えようとおもったという
どうともない話でした(^∀^;)


マメに連絡したりしない私だけど
いつもありがとう。
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-11-16 13:40 | ビリケンちゃん | Comments(0)

早速

早速浮気。

f0175413_05044068.jpg


カラー帽子の日除けのワッペンが
ぼろぼろすぎるのが気になりながら
見ないことにしてましたが。
やり直しました。

あと園児生活も残り半分。
楽しめますように( ≧∀≦)ノ
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-11-12 05:01 | ビリケンちゃん | Comments(0)

らしいケーキ

f0175413_14441178.jpg


バイトの日に
ビリケンちゃんが病み上がりで幼稚園をお休みしていて
ばぁばに三人みてもらったら
帰ったらこんなのを作ったんだよと
上の二人でみせてくれました。

左、だんごちゃん。
「チョコレートケーキ」

右、ビリケンちゃん。
「バースデーケーキ」



おそらく姉がつくっているのをみて
だんごちゃんが真似をしたんではないかと。

途中ロウソクが折れてリベンジしようとして
勝手に取り出そうとして
収納していたタンス?ケースをこわしたらしい。

色々裏がある
シンプルだけど大変なチョコレートケーキ。




はではでなデコレーションはすぐに色々ひらめき、
休んでるから寝とけと言われたのもわすれ
夢中でつくったデコレーションケーキ。

あまりにも色々ひらめくのが
とってもいいわよと
ばぁばに誉められたのが嬉しすぎ、
選挙カーがいいまくっていた
ある政治家の名前をだして
私もなれる!?
って聞いたらしい。
(政治家になりたいのではなく
フレーズで「みなさまのお役に立ちます」
的なことがあり、
なんとなくカッコ良かったご様子。
ちなみに「なにする人かしらんけど、
だんごちゃんがめっちゃ言うねん」と
説明したらしい。
(だんごちゃんは選挙カーがその候補者名を言い続けてるのをきいて、
その車の名前が、候補者名と思っている。))



でもそれぞれのキャラがわかる
○○らしいケーキで
ちょっとほっこりさせられたのでした。


ばぁば、
三人もすいません。ありがとう。
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-11-09 23:16 | ビリケンちゃん | Comments(0)

あれこれ

読み聞かせは
比較的好きなだんごちゃん。

げんちゃんが抱っこひもで寝ているか
機嫌が良さそうであれば
参加するようにしていたんですが、
たまたま
げんちゃんバージョンの日に
図書館に行っていたので参加してみましたが
散々なことに。


赤ちゃん向けということもあり
スタッフの方は多目だったんですが、
二人とも私でないとダメで
手遊び親子遊びも基本的に嫌いなだんごちゃん。
脱走。
うろちょろしまくり平謝り。
好きなスタッフの方がきて落ち着きましたが
「これは大変だわ。下の子も自我ができてきてるもんね。ママもふとれないわ。でもね、好きっていってくれるのは、本当にいまだけよ。大事にするのよ、大変だけど」
「絵本は本当に好きなのね、ものすごく集中できてるし、大丈夫よ。嫌いなやつはくそ食らえってなもんだけど、そんなのいいのよ、かわっていく。」
と。
そのボランティアの中で、
彼が心を許した方からいわれました。


そのときなんとなく思ったのが
移動せず
口で制止すればするほどするんだなと。
つねに相手の出方や反応はみていて
ちゃんと一旦受けてから話したら、
その後の行動が
全然違うというか。
うまく言えないけど。
なんとなく、
そんなだんごちゃんの気持ちもわからんでもないっていうか。
恐ろしく迷惑かけたけど
そんなことをふと思えたので
それはそれで収穫だったな
と思って
あとは記憶と気持ちに蓋をしようと。


また後日に
だんごちゃんバージョンの読み聞かせに行ったときも
本読み以外の親子遊びの時は
変わらず拒否。
「はずかしいんだろうね」
とのあたたかい対応でなんとかなりましたが
ハラハラとまらず。
でもその好きになったボランティアさんに
自分の好きな話をしにいったりする姿も見れてほっとしたり。


人と繋がっていくことの一歩を踏み出していっているのを見ながら、
実家にあまえているというのを含めても
自分だけじゃ本当に育てていけないなと思う今日この頃。

色んな人と
色んな繋がりのしかたが経験できるのは
本当に貴重な世の中になってしまっているけれど
今ある出会いに感謝しかありません。



ビリケンちゃんの時は終始なくので
集団の場にはなかなかいけず、
やってみようとすら思えず、
公園でもお友だちがいると早くに撤収
ということが多かったんですが。


だんごちゃんは集団が比較的好きで、
公園でもごみごみしてても今はそれを楽しんでいるようで。

他の子が
泣かせたり泣いたりして、
両方の親が対応してる姿をみたり
その子達の様子をまじまじみてるのも
勉強なんだなと思ったり。




私自身はママ友とか、
ごみごみした場所とか苦手だから距離がほしい人なので、
日々新鮮な気持ちでみています。


なかなか人の本質は変えられないんだろうけど
ちょっとでも変わっていけたらなぁとか
色々考えさせられました(^∀^;)
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-11-07 22:44 | ビリケンちゃん | Comments(0)

気になること

はやぶさとこまちの
連結がきになってしかたない三歳、
だんごちゃん。

なかよくお友だちしているところらしい。

図書館の図鑑も
片っ端から連結シーンを引っ張り出す
今日この頃。


f0175413_23243907.jpg


リサイクルショップのこまちは古いタイプなので、
サンタさんがくれるのを期待しましょう。
ええ。

そんな彼は
先日、
風邪での病院受診で
ようやく泣かずに診察できました。
おめでたい( ≧∀≦)ノ

また、
ちょっと好きだなと思えるお友だちも
一人できました。

良かった良かった。



上の子をみていても
なかなか好きだなと思えるお友だちは
ハードルがあるみたいで
今の自分も難しいから
当然のことながら
難しいことなんだろうなと。


長い目でみて、
振り返ったとき良かったという思い出が
それぞれにできていきますように。
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-11-06 23:14 | ビリケンちゃん | Comments(0)

お絵描き記録

ぐちゃぐちゃ描きがへってきて
形になってきた
だんごちゃんが描いた
ピンクのハスラー。

f0175413_11195435.jpg

[PR]

by upstairs-handmade | 2017-10-31 11:18 | ビリケンちゃん | Comments(0)

進まない衣替え

これもイヤー
あれもイヤー。


お古すぎるアンパンマンのTシャツか
あつすぎるトミカのトレーナーを着て、
ペラペラの短パンをはきたがる
だんごちゃん。

ズボンについては
毎日大変で、
どうにもならず。


100均で本人にワッペンを選んでもらい
縫い付けました。


f0175413_11144533.jpg


さて。
着るのか。



同時に
袖あげをしようか聞くも
「おるのがいい!」
と、きかなかったビリケンちゃんの制服も
ようやく袖あげしました。

彼女の園児生活も半分きりましたが。
卒園式までにこんなに伸びる姿が想像できません。。。

まぁ、げんちゃんが一部もらうので
いいんですが( ☆∀☆)
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-10-30 11:06 | ビリケンちゃん | Comments(0)

あれこれ

1.ごちゃごちゃ言ってないで

ぶちギレると言ってしまう私の台詞
「さっきから、ごちゃごちゃ。そんなごちゃごちゃ言うてんとさっさとしい!」
大阪のオカン感満載。

それにはまった、だんごちゃん。
怒られたら逆ギレ
「ごちゃごちゃ!ごはんたべん!」
や。やることやろうよ。
みたいな。
使い方は合ってるけど間違ってるよ。
兄さん。






2.怒ったらしてしまうこと

で、最近それはやめようと。
でもこっちの気持ちもちょっとは分か
ってほしいと

そんなに言うなら
お母さんのかわりやるんやで

と、責任転嫁?
することもしばしば。

例えば。
数ヵ月前ですが、
だんごちゃんが
寝る前に叫ぶかごそごそがとまらず、
げんちゃんが先に寝ていた日には
寝かしつけやり直しに苦戦することまみれで
「げんちゃん起きるからやめて」
というも聞かず。
「まだお話ししたいんだよね」
と共感してみるもダメで。
ある日、ついにキレキレ(私が)。
「次おこしたら抱っこしてねかしてもらうで」
「うん。するする。」
と。
数分後にげんちゃん起きてギャン泣き。
「はい。だんごちゃん、おねがいします!」
と言うと、本人せなあかんなとなり、
ようやく腰がすわったかななげんちゃんを抱っこ。
「おもい!おーもーいー。無理よう!」
と、すぐに撃沈。
(勿論ヤイヤイいいながらも支えている)

それからは寝ている時はおこさなくなりました(^∀^;)



直近では
今しなくちゃならんよと言うのもせず、
あれしろこれしろという
ビリケンちゃんに
やることやらんなら、もう言わないかわりに全部して
と無茶ぶり。
幼稚園の準備で必要なコップやらお箸セットをあらって、
ほかの兄弟のお世話もしながらやってみたら
(ほぼ話をすりかえて、最低な母)
というと、
洗い物と
だんごちゃんの世話ならできると
豪語するビリケンちゃん。

シンクを見て。
洗い物は包丁がそばにあるからやっぱりできんと即答。
(そりゃそうだ、こちらもさせる気は微塵もなく)
だんごちゃんの世話は
トイレの台が置いていないので
助けをもとめられたら
持っていくだけですむはずが
モタモタ関係ないことまで
私にきいてくるうちに大失敗。
「もぅ!だんご!」
と切れながらもそこは自力で手伝い。
同じようにめちゃくちゃしていた弟も一緒に反省。
「やっぱりできん」
と撃沈。
その後半日だけ
マイペースを封印して
頑張っていました。




勿論毎回こんなことはしてないですが。
ラチがあかなくなってくると
もう、どういうことが起こるのか
怪我のない範囲で体験してもらうのが
一番な気がする今日この頃。
答えのない日々に
葛藤と苦笑いしかなく。

母に話すと
時々(ずれすぎていて)笑いそうになる
と言われる始末。

がんばりましょう。
えぇ。






3.げんちゃんの離乳後の様子と二語文

離乳後から
げんちゃんの食事の量が半端なく。
そりゃ私の爪も剥がれ落ちるよね。
と、思う日々。
カッチリとした重さがこたえる
今日この頃。
笑顔が彦マロにしか見えないこともしばしば。

そんな彼は
「まんま、たーえる!」
(ごはん、たべる!)
とか、
「ぶーぶ、のーたい!」
(お水のみたい)
とか、
「くーちゅ、はく!」
とか、たまに二語文をはなします。
気のせいかなと思ってたら
読み聞かせのボランティアの方からも
言われたので
たぶん言ってそうな気が。

親バカすいません( ☆∀☆)

基本的に一番今コントロール不能な彼ですが。
起きている間は兄のおもちゃを泣いて奪い。
姉にはニコニコしてうまく甘えていますが
夜はまだ二~三回夜泣きがあり、
たまに兄が寝言で一喝すると
嘘みたいになきやむことしばしば。





4.パソコンがこわれた件

プリンターをようやく買って、
繋ごうとしたらまさかの急な電源落ち。


電気屋さんに旦那と二人買いにいった
だんごちゃん。
プリンターを自分のオモチャと思い込み
うろちょろ。
それがなんか気に入らない姉が
ちょっかいをかけうろちょろ。
なんだかお祭り騒ぎだと
末っ子うろちょろ。

一人でやったらすぐなのに
ヤイヤイガヤガヤ。
それだけでもイライラするのに
電源落ちにいらつき
インストールやり直しの際に
消さなくてもいいやつまでさわったから
さぁたいへん。
パソコンがうごかなくなり
大惨事でした(^∀^;)

はやく繋ぐように言ったのは
旦那さんだったのが救いで
すぐ修理に出せ。
修理費にもぶつぶついわれずにすみ
なんとか必要なことには間に合いましたが
イヤーアルバムの申し込んでなかったデータやら色々なくなり。
しばらくは
ややこしい作業は夜中にと誓ったのでした。





5.芋三昧と芋掘りが中止になったこと

何かと幼稚園のイベントが続く秋。
園児も親もバタバタ。
年中さんでもお芋掘りがあり、
親が手伝いにいくのですが、
台風で予備日もながれ
先生と園児だけでお芋掘りになったんですが、
きれい好きなビリケンちゃん。
夫婦でろくに掘ってこないだろうと予想していたんですが
意外にも大量に自分で掘って帰ってきました。
その数15本。
「ちゃんと文句言わんといっぱい掘ったよ」
と自信満々な彼女とは裏腹に
芋続きにとどめをさされた
だんごちゃんは夕飯中逃亡をはかり
しばらく大変でした(^∀^;)

加えて彼女らしいのが
そんなにも大量にとって
かつ雨上がりの畑で作業したにもかかわらず
汚れたのは靴下がちょっとと
運動靴の裏が大量に泥がついていたぐらいだったこと。

あっぱれ!
とともに、
来年以降は覚悟しとこと思った
今年の芋掘り大会でした。





長文失礼いたしました。
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-10-28 06:30 | ビリケンちゃん | Comments(0)

幼稚園面接

随分たってしまいましたが、
だんごちゃんの幼稚園の面接のあれこれ。


お姉様の時は
膀胱炎真っ最中で、かつ集団が苦手すぎるのとで
立て膝つくわ、無視するわ
園長先生に背中むけるわ
制服のサイズ合わせでも
帽子なげるわで散々でしたが。


前もって
「お名前はなんですか?」
「三才です!」
→二歳から治らず。でも指で2と3がなかなかできなかったのが、ちゃんとできるようになりました。
「何歳ですか?」
「三才です!」
→ここはなおらなかった。

は、練習してゆき。
姉がついてきたのもあってか
ちゃんと答えれたし
(名前は聞かれなかった)
絵本(バンバン勝手にめくっていたけど)で色や物を聞かれても答えれたしで。
なんか
それなりにできていて
驚きました。

制服もいやがりながらも
だんだん乗せられなんとか合わせてたし。
息子の成長にただただビックリ。
色んな人に感謝しかありません。


子育ては一人でするわけじゃないんだなと
痛感する日々。
ワンオペその他勿論あるんだけど
その話はまたいつか。。
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-10-27 14:28 | ビリケンちゃん | Comments(0)

一丁前が過ぎる件

f0175413_14321916.jpg



肘!
誰のための食事かね。
な図。




姉には甘えた声でへつらい、
兄に対しては喃語でまくしたて
勝ちにいく男。
げんちゃん。



(ちなみに、キャーキャー言われたら
だんごちゃんが引くパターンが9割越え)



旦那さんから最近、
「その感じ、また裏があるんやろ」
と静かにディスられます。



誰に似たのか。
末っ子、恐るべし。
[PR]

by upstairs-handmade | 2017-10-24 14:27 | ビリケンちゃん | Comments(0)